水とサプリ

物忘れが増えたなら|脳を鍛えて記憶力アップ

辛い時期を乗り越える

漢方

薬の種類

女性は、年をとるにつれ、体にも変化が表れてきます。特に閉経の時期を迎える時は、ホルモンのバランスが大きく乱れ、体調不良になりがちです。このような時期に多いのが、更年期障害です。更年期障害は、人によって色々な症状が出ます。対処方法としては、投薬による治療が基本です。症状にもよりますが、多くは女性ホルモンを安定させるための薬であることがほとんどです。このようなホルモン薬の他に出されるのが、漢方である場合があります。漢方は、昔から使われている薬の一種です。更年期障害の症状を和らげる効果はもちろん、一般の薬よりゆっくりと効き目が出てきます。そのため、副作用も少なく、病院側も処方しやすいため、人気となっています。

特徴と治療法

更年期障害では、汗が出やすくなったり、動悸がしたり、気分が落ち込むことが多くなるなどの症状があります。人によって、どのような症状が出るか様々です。漢方での治療については、病院にかかる前に、市販の漢方薬で対処できる場合もあります。その際には、ドラッグストアで薬剤師等に相談の上、適した漢方を使うことが大事です。ただし、病院で同じ漢方を処方してもらったほうがメリットが多い場合があります。同じ名前の漢方薬でも、病院のほうが含有量が多い傾向があります。そのため、効き目も大きく変わりますので、症状の改善に差が出てきます。さらに、病院では保険が効きますので、安く手に入れられるのが特徴です。更年期かなと思ったら、直接病院に行くのも1つの方法です。